お見合い当日のマナー

お見合い当日のマナー

2017年05月24日(水)11:36 AM

愛知県名古屋市の結婚相談所、ハーティ ウェディングのブログを見ていただき、ありがとうございます。


今日は、お見合い当日のマナーについてお話したいと思います。



[服装]

男性は、スーツ又はジャケットにシャツなど、きちんとした印象になるように心がけてください。
女性はTPOに合わせてお相手に失礼のないよう配慮した服装が望ましいです。
パステルカラーを使ったワンピースやスーツが良いでしょう。
アクセサリーなど控えめにすることで、清楚な印象を与えることが出来ます。

Tシャツやジーンズはマナー違反です。
頭髪、爪、靴なども清潔を心がけましょう。


[待ち合わせ]

お見合い当日の遅刻は絶対にしてはいけないマナー違反です。
遅くても待ち合わせ時間の10分前には指定の場所に到着していてください。
特に男性は女性を待たせないように早めに到着していると印象も良くなります。
1分でも遅刻しそうな場合や、時間になってもお相手に会えない場合などは、すぐに相談所にお電話してください。
お相手相談所を通じてお相手に連絡を取ります。


[最初の言葉]

待ち合わせでは男性から声をかけるように心がけてください。
難しく考えず、最初に声を掛けるときは、「すみません、○○さんですか?」で大丈夫です。
無事お相手とお会い出来たら、必ずお礼から言うように心がけてください。
「今日はお時間いただきましてありがとうございます。」とにこやかに言うことによって、お相手も「こちらこそ、ありがとうございます。」と言ってくれることでしょう。
初対面で緊張を解す最大の武器は笑顔です!
笑顔からなんとなく打ち解けた空気になれば、その後の流れもスムーズになりやすくなります。


[席に着いたら]

席に案内されたら、必ず女性を奥の席に座るよう、エスコートしてあげてください。
席に着いたら、まずは女性にメニューを見せてあげて飲み物を決めてもらいます。
「何にしますか?」と女性に確認し、男性は女性の分の飲み物と自分の分を一緒に注文します。


[話題]

注文が終わったら、「今日はありがとうございます。」など、再度お礼を言うことから始めると会話がスムーズに続きます。
話下手でも問題ありません。あなたが一生懸命コミュニケーションを取ろうとしている姿が相手に伝われば、あなたの人柄を感じてくれると思います。
終始にこやかに。にこやかな表情は相手を安心させます。


[時間と費用]

お見合い時間は大体一時間位を目安にします。
お見合い時のお相手女性のお茶代については、男性が支払うのがマナーです。
だからといって、女性は当然と思わず、「ありがとうございます。」とお礼をいうのを忘れないでください。


[お見合いが終わったら]

できるだけ当日中に担当カウンセラーまでご連絡ください。
交際に進むかの結論は、なるべく早く出すのがマナーです。
遅くても翌日の午前中までに仲人に連絡をいれてください。



最後に・・

お見合いは、お互いの日程を合わせて行われます。

お相手に対し、お時間をいただいたという感謝の気持ちを常に持つ事を心掛けましょう。

きっとあなたの人柄が、お相手にも伝わるはずです。


今後共、愛知県名古屋市の結婚相談所、ハーティ ウェディングを宜しくお願い致します。

 

 

              ハーティ ウェディング 本間沙織

 

 



«   |   »

過去の記事

メディア掲載情報

CLASSY